GOOD DESIGN for youデザインへの考え方

design本当に良いデザインとは
どんなデザインなのでしょうか。
どんなデザインであれば
素晴らしいといえるのでしょうか。

what's design?広い意味での「デザイン」

「デザイン」と聞いてどのようなイメージを持たれますか?おしゃれな装飾だったり色の使い方など目に見えるものをイメージされませんか。

わたしたちの考えるデザインとは、課題を解決するために目に見えない「概念」や「仕組み」を論理的に設計し、表現することです。それは物語やブランディングにもつながります。そうやってデザインされたものは「体験」となってユーザーに届けられます。

GOOD DESIGN for you.わたしたちの考える
いいデザインの定義について

いいデザインの定義
「いいデザイン」とは?
何をもって「いいデザイン」といえるのでしょうか?見た目がオシャレなデザイン、わかりやすく伝わりやすいデザイン、心に残るデザイン。レクサではこれら全てを兼ね備えたデザインを「いいデザイン」と定義しています。「いいデザイン」を実現するために、独自の品質チェック約70項目を定めました。これをデザイナーが3人がかりで徹底的にチェックすることで、唯一無二のデザインが完成していきます。

For User見る人にとって
「ステキな体験」をデザインする。

おとずれた人に
ステキな体験を。

User Experience
ユーザーファースト思考の設計
×
ワイヤーフレームの作成
×
心地の良いUIデザイン
ユーザー体験を最優先します
いいデザインは、直感や感性だけで生まれることはありません。いいデザインを行うためには、ユーザーの視点に立ち、UIやUXを意識したユーザーフレンドリーなサイト設計が必要です。それらの設計なくして本質的にいいデザインは生まれないと考えています。レクサではGoogleが推奨するガイドラインを基に、独自の品質チェック項目を作成し、約150項目ほどの品質チェックをクリアしたものしか提出しません。また、それらの項目を改善し続けることが業務の一部になっています。

For Clientsクライアントにとって
「ステキな体験」をデザインする。

あなたに最高の
Web制作体験を。

Customer Experience
専門性の高い技術力
×
WEB戦略思考
×
最大限の配慮と思いやり 
素晴らしい制作体験を
前述の通り、わたしたちはユーザー体験を重視してWEB制作を行うことを重視しています。それと同時に重視しているのが「お客様の体験」です。レクサとお客様で協力してお仕事を進めさせていただく中で、お客様に「レクサに頼んでよかった」と言ってもらえるような進行を目指します。スムーズなご案内とわかりやすい進行を体験していただき、結果を出すだけでなく、気持ちの良いWeb制作体験を提供します。